今年の夏は暑かった…。

近ごろ、ようやく朝晩が涼しくなりました。

…とはいえ、登下校の際、生徒のみなさんは暑くて苦労しているのでしょうね。

秋になると、中3生はあわただしくなります。

実際、受験するのは来春ですが、

受験校を決定するのは12月初めの三者懇談のとき。

それまでに実力テストや通知表の結果(数字)を志望校基準までに上げなければなりません。

学校の勉強(定期テスト対策など)と、入試対策と、二足の草鞋を履いて走らなければなりません。

大変でしょうが、先生たちも並走します。

 

でもね…

「勉強」って、ツライことばかりではないようです。

夏期講習から来てくれている中3生の子が言っていました。

「塾が楽しい」

「今、学んでいるんだと実感する」

「今まで一人で勉強していたけど、こんな勉強方法があったんだと気づく」

新たな発見があるようです。

一人だとくじけそうでも、みんなと勉強すると楽しく前向きになれるようです。

ただ…、

そう思えるのは、キミが「本気」になってきた証なんだと、本人は気づいていないようです。