先日、1本の電話がありました。

「お久しぶりです。○○です。今度、就職試験があるのですが、教えてもらいたいことがあるので、教室に行ってもいいですか?」

「久しぶり~! 元気だった? もちろん、もちろん、おいで!」

久しぶりに会うその生徒は高校3年生。

3年前に卒塾した生徒です。

背がぐんと伸びて、以前と様子が違いましたが、話していると昔のままです。

就職試験を控え、そのための勉強にやってきました。

2時間ほど楽しく一緒に勉強し、「ありがとうございました」と帰っていきました。

いくつになっても、かわいい教え子です。

結果が気になって、気になって…。

1週間ほど経って、「合格できました!」と言って、直接、教室に報告に来てくれました。

「高校の先生に言われたけど、試験を受けた中で、俺が1番だったって!」

良かったね~。

何番でもいいよ。よかったね~。

自分で決めた就職先。

一つ自分の思いを実現できました。

そのお手伝いができたことに感謝しつつ、

「この先、大変なことがあってもめげずにがんばって!」と、こっそりエールを送りました。