毎年、10月に塾対象の私立高校説明会があります。

一校一校出向いてお話を伺います。

それそれの学校に特徴があり、それぞれの学校に力点があり、

それを教えていただけるのを楽しみにしています。

先日、ある高校の説明会で、

その学校の一番力を入れられているところは「自己表現力」だと伺いました。

英語の学習も、英語で自分の意見をハッキリ話せることが大事だと。

また、三者懇談では生徒が保護者にプレゼンをするそうです。

今学期、自分が何に力を入れてがんばったのかをプレゼンするのです。

…ということで、先生が懇談で話すのを止めたそうです。

ビックリしました。

先生が話さない学校の三者懇談を想像できますか?

改めて自分が話しすぎであることに気づきました。

本当に「生徒ファースト」になっているだろうか…?

自問自答。

と同時に、そういったアイディアを常に考え、

生徒のために実行するフットワークの軽さに頭が下がりました。

勉強になります。